PJCS2019

【JCS2019予選 最終レート1822】命中安定スカーフオーガレック

 

初めまして!PGL名前登録ミスで出場権利無くなったこけしと申します()
今回はポケモン対戦してた中で初めて実績を残せたのでいつも参考にさせて頂いていたEMOLGAMEに記事を寄稿させて頂きました。
戦績

jcs2019オンライン予選
30-7 最終レート1822 (22位)

 

構築経緯

ウルトラルールが始まってからまずはwcs2016で大活躍した剣の舞レックウザを使いたくて流行りのオーガレックを組んで回していました。感想はレックウザは強いけどゲンシカイオーガが使いこなせず命中不安も予選で使いたくないと感じました。

そこで、過去にEMOLGAMEにも寄稿しているみかんあめに相談したところ、ゲンシカイオーガの枠をゼルネアスかスカーフカイオーガにする案が出ました。そこで、メタを貼られた環境でゼルネアスを活かせる気がしなかったのと、相手に使われてボコボコにされたスカーフカイオーガが気になったのでスカーフオーガレックを煮詰めることにしました。カイオーガ、レックウザ、カプ・コケコ、アマージョ、ガオガエンの5匹はすぐに決まり、最後に鋼枠を入れたくて悩みました。そこでみかんあめとフレ戦した時に使われて環境に刺さってると感じたギルガルドを選択しました。

個別解説

カイオーガ

カイオーガ

性 格 ひかえめ
実数値 175-×-111-222-160-142
努力値 B4 C252 S252
特 性 あめふらし
持ち物 こだわりスカーフ
技構成 しおふき ねっとう
かみなり れいとうビーム

この構築のエース。控えめにした理由は非雨下ダブルダメージしおふきがカプ・コケコに確定1発になるから。技はどれも命中安定を選択。特に根源の波動が欲しい場面もなく、どの技も使った。しおふきとれいとうビームをよく使ってれいとうビームは後出しエアロックと組み合わせえ相手のメガレックウザに積極的に打っていく。

レックウザ

レックウザ

性 格 ようき
実数値 181-202-110-×-110-161
努力値 H4 A252 S252
特 性 エアロック
持ち物 きあいのタスキ
技構成 ガリョウテンセイ しんそく
つるぎのまい まもる

カイオーガのおとも。ミラー意識で最速で特に語ることの無いオーソドックスなレックウザ。襷のおかげ安定感も高く、雑に扱うことも多かった。相手のパーティーにグラードンがいたらかなり大事に扱う。

カプ・コケコ

カプ・コケコ

性 格 おくびょう
実数値 145-121-105-147-96-200
努力値 B4 C252 S252
特 性 エレキフィールド
持ち物 フェアリーZ
技構成 10まんボルト マジカルシャイン
とんぼがえり まもる

ウルトラルールで最初から使ってたポケモン。対オーガレック、ウルネク。使いやすく催眠対策にもなる。相手のカプ・コケコにフェアリーZを積極的に打つため臆病cs。蜻蛉返りはあまり使わなかったのでエレキネット等と選択。

ガオガエン

ガオガエン

性 格 いじっぱり
実数値 202-183-110-×-111-80
努力値 H252 A252 D4
特 性 いかく
持ち物 とつげきチョッキ
技構成 フレアドライブ DDラリアット
とんぼがえり ねこだまし

個人的に大好きな火力と耐久を両立したガオガエン。対ナットレイとテテツーとネクロズマ、ルナアーラ等のエスパータイプ。それ以外のポケモンには威嚇と猫騙しで誤魔化すために使う。トリルっぽい構築にも出したりする。

アマージョ

アマージョ

性 格 ゆうかん(S: V)
実数値 179-180-118-×-127-82
努力値 H252 A188 D68
特 性 じょうおうのいげん
持ち物 くさZ
技構成 パワーウィップ けたぐり
フェイント てだすけ

調整は無補正メガレックウザの珠画竜点睛耐え調整をしているゲンシカイオーガをパワーウィップで確定1発。sは最遅グラカイ抜かれ。pokerikadaiさんの調整を参考にしました。グラードンがいない構築には積極的にカイオーガと一緒に先発に出す。カイオーガのサポートが基本的な仕事だが、等倍以上の相性のポケモンには積極的に草!Zを切っていく。特にトリルカイオーガ系統の構築には大活躍した。けたぐりの枠はトゲデマルを重く見るならとびひざげりと選択。相性のいい構築には先発アマージョカイオーガで積極的に攻めていく。

ギルガルド

ギルガルド

性 格 れいせい(最遅)
実数値 167-71-170-112-170-58
努力値 H252 A4 C252
特 性 バトルスイッチ
持ち物 ゴーストz
技構成 ジャイロボール シャドーボール
ワイドガード キングシールド

ゼルネやスカーフテテフ対策の鋼枠。ジャイロボールはジオコン後のcsゼルネなら確定1発。レックゼルネ、ルナゼルネに良く出し、サイコフィールドに依存したパーティーにもよく刺さる。ワイドガードが使える点も強い。3匹目のトリルに強めなポケモン。選出率は最下位だが、出した試合は活躍した。3個目のZだが、3匹ともZなしでも強いのと、相手の選出によって切るZを選べるので特に問題はなく、逆に柔軟に動けた。



選出

詳しくは決めてなく、グラカイ+相手のパーティーに強い2匹を選びます。

対 グラードンがいないパーティー
先発:オーガ+刺さってるやつ(通せそうならアマージョ)
後発:レック+刺さってるやつ

対 グラードン入り
先発:オーガレック
後発:刺さってる2匹

これくらいしか決めてません。 立ち回りも特に決めてません。気をつけていたことは相手にグラードンがいたらレックウザを大事にすることと、ナットレイなどのポケモンで積まないようにすることくらいです。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございました。流行っていたオーガレックとレックゼルネに有利な構築だったので構築選びは正解だったと思いました。質問等は気軽にTwitterまでどうぞ!

執筆者

こけし
こけし 

jcs2019ネット予選29位
一緒に構築考えてくれる人無限に募集してます!

ブログ:こけしの構築ノート