PJCS2019

【JCS2019 ベスト16】疾風怒濤オーガレック

 

こんにちは。つなです。今回のpjcs2019にてベスト16に残ることができたので、使用構築をエモルガム様に寄稿させていただく運びとなりました。以下の通り非常にシンプルな構築ですが、ご覧いただけたら幸いです。
 
戦績

PJCS2019
予選スイスドロー
 5-2(○○○○○××)
決勝トーナメント
 2回戦負け(○×○→×○×)

 

構築経緯

pjcsは本選がbo3のため、incサンルールで抜けた際に使用した束縛テテツーのような初見殺し構築では勝ちきれないことを念頭に、あくまで汎用的な勝ち筋を探すことにした。

本選の環境について、「ゼルネレックガエンレヒレ」「グラゼルネガエンマンダ」「(スカーフ含む)オーガレック」「ルナゼルネミミロップorルカリオ」をtier1と予想し考察を開始。

・ゼレックに強く、グラカイに対してもワイガで打点を奪えS操作もできるツンデツンデ
・ツンデと縦の相性が良く、確定一発範囲が極めて広い鉢巻きレック

この二匹を回しながら、S操作を絡めてとにかく上から縛り続けられる対面構築の方向性で組むことにした。

レックが鉢巻きガリョウを打ち続けられるよう、初手の相方には黒い霧と追い風でサポートができる襷クロバットを選択。仮に追い風ミラーや先制挑発の懸念がある構築と当たっても怒りの前歯でレックの神速/ツンデのジャイボ圏内に落とすことが出来るため、対面有利を取りやすかった。tier1予想に入れていない受け回し系の構築にも、挑発と黒い霧からオーガレックの火力で押しきることを狙った。

続いて二枚目の伝説枠として、本選にグラードンが多いことを予想し、レックのエアロックやツンデのスキスワで縛り続けられるオーガを選択。対面構築としての火力底上げに貢献した。カイオーガというポケモン自体、S操作で介護すれば最も強いポケモンだと評価しているので、これまでの三匹の性格上適任と判断。潮吹きで神速ジャイボ圏内に無理矢理落とせるのが非常に強かった。

以上のクロバレックオーガツンデがtier1予想への基本選出。クロバツンデで常にゼルネを睨めること、レックツンデで常にグラードンがオーガに縛られる対面を作れることから、それらがいる構築にはこの四匹を選択するだけでほぼ勝つことが出来た。

続いてこの四匹で相手にしづらい鋼枠への対策を色々模索するも、ガオガエンが強すぎるのでガオガエンを選択。ナットのいるオーガ構築、ネクロ入りへの役割を担当。鋼枠だけでなく、威嚇で物理を弱体化させ、トリル下でもジャイボ+ガエンZでオーガも落とせるのでどの対面でも活躍できた。ガオガエンはインチキ。

最後の枠では、ここまでで安定した立ち回りを作れないテテツー、令和グラゼルネ、一部のルナゼルネに対して強い駒を模索。いずれもトリルツンデさえ通せれば有利をとれるので、隣には指要因が必要と判断。以前はサイドチェンジ持ちの超zテテフを考えていたものの、代表戦では読まれることを危惧し、安全に指で吸うことにした。

バレル・キッス・ピッピが候補となるも、それらの構築にもバレルがいることを考え防塵ゴーグルキッスを選択。トリルを決めさせつつ相手のバレルを腐らせる(+トリル終盤に追い風を打つ)ことを期待したものの、試合前日に急遽思い付いて育成し対戦感覚を得られなかったこと、本番それらにほぼ当たらなかったことからろくに選出しなかった。振り返ればルナオーガトリル(特に雷オーガ)が非常に重いのでバレルの方がよかったと思う。考察不足。

個別解説

レックウザ

レックウザ

性 格 いじっぱり
実数値 181-244-122-×-129-167(メガ)
努力値 4-172-12-0-68-252
特 性 エアロック→デルタストリーム
持ち物 こだわりハチマキ
技構成 ガリョウテンセイ かみくだく
じしん しんそく

準速、臆病テテフのムンフォ耐え、残りA。
直前に令和グラゼルネが流行ったことから少なくないプレイヤーがテテフを採用すると予想しDに振った。

ガリョウで相手の頭数を減らす+終盤に神速で縛ることが最大の目的。このルールは数の有利を取ることが最も大事なポイントだと思っているので、シンプルに火力が最も高いポケモンを使いたかった。

かみくだくはルナゼルネ、じしんはデマルガエンの猫回し構築系に刺さるため採用。
しかしトリパのHCルナ、Hに大きく割いているチョッキイベル、HBオーガHBレヒレなどを想定できておらず、霧を打っても攻撃を耐えられ返り討ちにされるケースがあったため、今の環境では厳しい型だと思う。

カイオーガ

カイオーガ

性 格 ひかえめ
実数値 190-×-116-255-181-122
努力値 116-0-44-252-4-92
特 性 あめふらし→はじまりのうみ
持ち物 あいいろのたま
技構成 しおふき ねっとう
れいとうビーム まもる

特化ガエンZ耐え、追い風後最速スカテテフ抜き+1、s123レヒレ-1、残りC(特化)

S操作後の削り役。しおふきは強い。

ワイガで止まることと、基本的に上から殴らせることから根源ではなく熱湯を採用。一応の凍結ケアも込めての採用だったが、予選で一回実際に解凍したので正解だったと思う。雷がほしい場面も少なくなかったが、冷凍の方が強いので採用できず。

クロバット

クロバット

性 格 ようき
実数値 192-×-100-×-101-200
努力値 252-0-0-0-4-252
特 性 せいしんりょく
持ち物 きあいのタスキ
技構成 おいかぜ くろいきり
ちょうはつ いかりのまえば

最速、特化アマージョのフェイント+特化スカーフオーガの無天候しおふき耐え

初手のゲームメイク担当。s操作、挑発での積み/s操作対策、霧でのステータス操作解除、前歯での削りの全てがオーガレックツンデに噛み合うので代用が効かない存在だった。

ツンデツンデ

ツンデツンデ

性 格 なまいき
実数値 168-153-231-×-167-16
努力値 252-12-0-0-244-0
特 性 ビーストブースト
持ち物 シュカのみ
技構成 ジャイロボール ワイドガード
スキルスワップ トリックルーム

特化ゲンシグラの大地、無天候特化オーガのダブルダメ根源、臆病ルナZ、ルナのシャドーレイ+ジオコンゼルネのムンフォ耐え

行動保証のHDシュカツンデ。クロバットの追い風展開後のトリル展開要因。ワイガで全体技を防ぎつつ横の攻撃を通したり、前歯が入った相手をジャイボで仕留めたりした。グラードンに対してはレックウザが落とされてもオーガツンデのスキスワがあるため強気にレックウザを動かせるのも強かった。クロバットとあわせオーガレックを通すための要。

ガオガエン

ガオガエン

性 格 いじっぱり
実数値 201-168-122-×-111-84
努力値 244-140-92-0-4-28
特 性 いかく
持ち物 ガオガエンZ
技構成 DDラリアット フレアドライブ
とんぼがえり ねこだまし

陽気珠レックのガリョウ>A-1陽気珠レックのガリョウ+神速耐え、最遅グラカイ-1かつ追い風で最速100族抜き、臆病ウルネクの大地耐え、残りA

対鋼枠担当。構築経緯に記載の通りの役割。何でも出来た。インチキ。

トゲキッス

トゲキッス

性 格 ずぶとい
実数値 192-×-161-140-135-101
努力値 252-0-252-0-0-4
特 性 てんのめぐみ
持ち物 ぼうじんゴーグル
技構成 エアスラッシュ このゆびとまれ
おいかぜ まもる

特化鉢巻レックのガリョウ耐え
追い風後130族抜き

ツンデトリルを通さないと勝てない構築に勝つための枠。トリルと見せかけての追い風展開もできるのは強かったが、前述の通りルナオーガも考慮してバレルの方がよかったと思う。



選出

基本的にはクロバレック裏オーガツンデで、追い風からクロバレックオーガの火力を押し付けつつ、後半はツンデのトリルからオーガツンデの火力を押し付ける。

ネクロズマ入り、ナット/ヌケニン入りの構築には相手の構築次第だが上記のどれかを抜いてガエンを投入。ガエンにゲームメイクをさせつつ、最後の詰めも任せていた。

最後は前述の通りテテツーなどトリルを通さないと勝てない構築に対して、キッスツンデ裏ガエンオーガのガチトリル展開。初手からトリルメタのポケモンが来れば裏をかいて追い風展開も出来るため、相手の初手に幅広く対応できるのは強かった。

まとめ

上から殴り続ける構築が好きなので、今回のような双方向のs操作から疾風怒濤の攻めを展開できるオーガレックは非常に手に馴染んだ。
しかし鉢巻ガリョウを耐えるポケモンが増えてきたこと、ルナオーガトリルが重いことから、世界大会ではそれも考慮した新たな構築を組む必要があると感じた。いいギミックがあれば是非教えてください。

最後に、本選に向けても構築相談に付き合ってくれたシエンと、前日にミラーマッチと相談を快く引き受けてくれたくにのりさんにこの場を借りて感謝の意を申し上げます。ありがとうございました。世界大会も頑張ります。

執筆者

つな
 

incサンルール日本14位(使用構築)
本選 ベスト16

レート:最高2035、4位(2015 ORASダブル)

ブログ:tunaのパテメモ